きれいにイボを除去|いぼ手術の流れ【しっかり内容を決めておくと安心】

いぼ手術の流れ【しっかり内容を決めておくと安心】

きれいにイボを除去

顔に触れる女性

イボはウイルスです

指などにできてしまういぼ(尋常性疣贅)はヒトパピローマウィルスによる感染が原因です。尖形コンジロームなども同じウィルスが要因になっていて、加齢が原因による顔や胸にある盛り上がったようなシミは脂漏性角化症でウィルスではありません。老人性イボは加齢と共に首や脇にできる特徴があり、1mm〜2mmぐらいの良性腫瘍です。3?のものはスキンタッグと呼ばれていて、1cm以上のものは軟性線維腫とも呼ばれています。美容整形外科を利用するとどのようなタイプのいぼも麻酔を行って炭酸ガスレーザーなどを利用してきれいに手術することが可能です。治療した後は少し濃い色になりますが、一週間でかさぶたが剥がれてきます。赤みが少し残ったりシミのように茶色になったりすることもありますが、数ヵ月で自然と消えていきます。1回の手術で除去できないような深いいぼの場合は再治療することができ、アフターケアとして軟膏を塗ったり保護テープなどを貼ったりすることでケアすることが可能です。手術した後でも浸出液が出ていなければ軟膏の上からメイクすることができます。浸出液が出ているならしばらくメイクを控えることになりますが、洗顔は翌日から行うことが可能です。日帰りで施術を受けることができるので仕事帰りにも利用することができます。いぼを悩んでいる人は多いですが、美容整形外科を利用するときれいに除去することができるので人気があります。例えば炭酸ガスレーザーを利用すると、ときどき白い跡になるケースもありますが手術する前の状態よりかなり目立たなくすることが可能です。きれいな仕上がりにすることができ、深いいぼの場合は深い部分をあまり焼かずに浅めに焼くことによって調整することができます。3ヶ月〜6ヵ月後には色素が上部に上がってくるのでその時に再治療を行うことで除去することが可能です。人によって出血がありますが保護テープに防水シートなどを貼ることにより、テープの上からメイクをしたり洗顔したりすることができます。お風呂に入ることもでき普段通りの生活をおくることができるでしょう。尚、紫外線にあたると色素沈着を引き起こしやすくなるので注意が必要です。日傘や帽子・日焼け止めクリームで紫外線対策をはかると再発を防止することが可能です。色素沈着予防として医療用美白剤をわたしてくれるクリニックもあるので安心です。手術した後でも軟膏の上からメイクすることができ、仕事帰りにクリニック立ち寄ったり外出したりする際に気軽に通院することができます。美容整形外科を利用するときれいな仕上がりやアフターケアも充実しているので安心です。