特徴と治療法|いぼ手術の流れ【しっかり内容を決めておくと安心】

いぼ手術の流れ【しっかり内容を決めておくと安心】

特徴と治療法

医者

病院に行く前に

顔や足裏、指等色々な場所に出来てしまうできものの一種であるいぼですが、実は大きくは2種類に分ける事が出来ます。一つはウィルスへ感染してしまったことが原因となっている物で、一般的に皮膚科ではいぼと言えばウィルス性の物を示しています。免疫力が高まれば自然に治すことも出来ますが、根が深くなってしまうと完治が難しい為、一般的には初期のうちに病院で治療するのが良いとされています。現在では液体窒素を利用する方法以外にも、炭酸ガスレーザーや電気メスを利用する方法等も選ばれていています。もう一つは紫外線の影響や、皮膚が老化してしまったことが原因でできてしまう物で、これを老人性いぼと言います。老人性の物は紫外線等によってできてしまったメラニンが角質と一緒になってできており、普段から露出しやすい箇所である顔、首、腕等にできやすい傾向です。ただ肌の代謝を良くすれば改善が期待できるので、外科的な手術は必要なく自宅での治療で十分対応できます。いぼ自体はレーザーを照射するなどで除去することも出来ますが、外科的な手術、さらに内服薬を利用して対応することも可能です。治療法によっても完治するまでの時間や費用が違って来る為、その点についても良く調べた上で治療を受ける病院選びをします。いぼ治療は一般の皮膚科などでも行っていますが、現在では審美面を重視した治療と言うことから、美容整形外科を利用する人も少なくありません。美容整形外科の場合はレーザーを照射する方法のほか、メスを利用して切除する外科的な手術を利用する事もあります。基本的に患者のいぼの状態に合わせて最適な方法が選ばれており、単独の方法で対応することも有れば、2つの方法を併用することも有ります。美容整形外科でいぼの手術を受けたいと言う時は、先ず予め治療してもらいたいと考えている病院に予約をします。予約は電話、若しくはその病院のホームページに有る予約フォームを利用して行う事が出来るようになっています。予約を終了したら当日必要な物を用意し、病院に行ってカウンセリングや問診を受ける形が一般的となっています。ただまだこの時点では実際にその病院で治療を受けると決まっているわけではないので、カウンセリング後に治療の申込をします。いぼの手術等の治療の申込はカウンセリングの時や、美容整形外科の受付で申し込みが出来るようになっています。カウンセリングの時は自分の分からない点や知りたいポイントなどを質問することも出来るようになっている為、分からないことがある場合はこの時点で聞く様にします。